【味園ユニバース】渋谷すばる主演映画 気になるストーリーは?

味園ユニバース

misono001

「リンダリンダリンダ」「苦役列車」

山下敦弘監督 最新作!!

渋谷すばる、二階堂ふみ出演映画

2015.2.14公開

 

スポンサードリンク



歌以外、忘れた男を拾って

〝ポチ男”と名付けた。

ポチ男から溢れ出る歌は、

色あせたカスミの心に輝きを

取り戻す。

 

「リンダリンダリンダ」「苦役列車」

「もらとりあむタマ子」など、

オリジナリティ溢れる青春を描くことに

定評のある山下敦弘監督が

今回初めて大阪を舞台に

音楽をふんだんに使った

人間ドラマを描く。

 

山下監督のもと、

才能を爆発させ圧倒的な魅力を

放つのは、渋谷すばる。

俳優として高く評価されながらも

<歌い手>であることに

こだわり続けてきた彼は、

本作で「歌しか記憶がない男」

というキャラクターと出会い、

満を持して主演に挑む。

 

共演するのは、

「ヒミズ」『私の男」などの主演作で

国内外問わず高い評価をうけ

若干二十歳にして日本映画界に

欠かせない女優 二階堂ふみ。

 

渋谷演じる記憶喪失の男を拾って

〝ポチ男”と名付け、

自分の家に住まわせる逞しくも

一風変わった

ヒロイン・カスミ役を演じ

唯一無二の存在感を放つ。

 

脇を固めるのは、

大阪や音楽に縁の深い

赤犬や鈴木紗理奈、

さらに天竺鼠の川原克己など

バラエティに富んだ面々。

 

観る者、聴く者の

こころを掴んで離さない、

新たなる化学反応エンタテイメント

がここに誕生した!

 

ストーリー

 

大阪。

広場で行われていたバンド

【赤犬】のライブに、

ふらふたと現れた男

(渋谷すばる)。

 

マイクを奪い、声を放つや

会場は水をうったように

静まり返る。圧巻の歌声!

そのまま気を失った男だったが

目を覚ますと自分のことを

何もおぼえていないという。

 

記憶喪失。傷だらけの顔。

その正体と歌声に興味を持った

【赤犬】のマネージャーのカスミ

(二階堂ふみ)は、彼を

〝ポチ男”と名付け、

祖父と暮らす自分の家に住まわせながら

バンドのボーカルに迎えようとする。

 

しかし、フラッシュバックで少しずつ

ポチ男の記憶が蘇るー

「俺は、危険かもしれない」。

それぞれの中で止まっていた時間が

また動き始める。

スポンサードリンク



 

キャスト

渋谷すばる

misono001

二階堂ふみ

misono002

鈴木紗理奈

misono003

川原克己(天竺鼠)

misono004

松岡依都美

misono005

宇野祥平

misono006

松澤匠

misono007

野口貴史

misono008

康すおん

misono009

 

 

 

実在する「味園ユニバース」とは

misono

味園(みその)は1995年に開業した

大阪市千日前に建つビル。

大阪の古き良き香りを伝える建物として

長年親しまれてきた。

ユニバースは、そのビルに入る老舗の

豪華キャバレー。

 

2011年キャバレー営業終了後は

その名のまま貸しホールとなり、

若者たちのライブ会場としても人気が高い。

新宿ゴールデン街と並ぶ、

日本サブカルチャー文化の発信地

アングラ芸術の発祥地として

注目スポットとなっている。

 

主題歌

渋谷すばる「ココロオドレバ」「記憶」

(インフィニティー・レコーズ)

「ココロオドレバ」は

POPな歌の中にポチ男のココロの変化が

見え隠れする本編を語る上で重要な1曲。

「記憶」は、映画全体と向かい合った

アンサーソング。

記憶の中にある葛藤を歌う等身大の1曲。

まったく音色の異なる2曲の主題歌が

希望と哀調を奏でる。

 

---------------

記憶の底から吐き出された歌が、

すべてを変えてくれるような気がした。

---------------

スポンサードリンク