【あさイチ】で大反響!!お部屋の片付け、収納術!

heya013

片付けが苦手だ~って人多いですよね?

でもこの片付け術を見てからは、あっという間に

お部屋がきれいに片付きました^^

ちょとしたコツでアナタも片付け上手に・・・・

スポンサードリンク



 

❶片付け、収納
動線で収納、家事の効率UP!!

家が散らかるのは、
動線が乱れているせい

「動線」とは、
人が動く道筋のこと。
動線が複雑だと、
散らかりやすくなるうえに、
家事や片付けがはかどりません。

改善前

1.洗濯
2.ハンガーなどにかける。
3.ベランダに干す
4.リビングに一時おき
5.空いた時間にたたむ
6.服は収納、小物(靴下など)
はかけっぱなし

改善後

1.洗濯
2.ハンガーなどにかける
3.ベランダで干す
4.ハンガーのまま収納

なんと!
2項目も手間が減りました!!

しかし、

洗濯ものをすぐに
しまえず
あちこちが
置き場所に・・・。
片づけられない理由

 

スポンサードリンク



⑴時間が無くて
すぐにたためない

たたむ作業を省くため
ハンガーをたくさん用意する

吊るして干せば
乾いた後も
たたまず、そのまま
収納場所に移動‎できます。
これで時間と手間が短縮!!

⑵ソファーなどに
ついつい置いてしまう

使う場所の近くに
置き場所を作る

下着などの小物は
お風呂上がりに
使うことが多いですから
風呂場近くに
収納場所、一時おき場所
を作ります。
すると
取り込み、収納、着る
の動線が一カ所に。

⑶家族それぞれに
分けるのが面倒

干すときに
人ごとにわけておく

夫、妻、子供と
それぞれまとめて
干しておけば
取り込むときには
いちいち
仕分けすることなく
そのまま
夫、妻、子供
と収納できます。

 

heya012

 

 

⑷収納場所が
分散している

収納場所を
なるべくまとめる

夫仕事着、普段着
妻お出かけ着、普段着
子供学校用、遊び用
小物、などあちこちに
あると動線も増え
時間もかかります。

ベストなのは
家族のクローゼットを
1カ所にしてしまう。
それが不可能なら
なるべくまとめて
収納カ所を
最小限に
大人の服、子供の服
とまとめる。
子供のおもちゃが
片付かない・・・。

⑴お気に入りと
そうでないものが
混在している

おもちゃを
「一軍」と「二軍」
に分ける

よく使う「一軍」と
あまり使わない「二軍」
に分け
「一軍」だけを
手の届く場所に置く。

仕分けは、こどもに
尋ねながら行いますが
「いる?いらない?」
と聞くと
「いる!」と
答えてしまうので
「すき?きらい?」
「よく遊ぶ?」
「お兄ちゃんぽいかな」
「赤ちゃんぽいかな」
などと聞くのが
おすすめです。

スポンサードリンク



⑵収納場所が決まってない
または分散している

まとめてしまうことで
おもちゃの量も
わかるようになります

まとめておけば
自然と子供の
指定場所ができ
遊びと収納が
一カ所に。

 

heya009

 

 

⑶長くて複雑な
動線は
子供の負担に

遊ぶスペースを決めて
動線を短くする。

あちこちに収納場所が
あると遊びも
あちこちに。
動線がシンプルなら
しまう場所もわかりやすく
自分でできるようになります。
収納ボックスも
ジャンル分けをして
ラベルなどを
貼ると一目でわかり
楽しくお片付けができます。

heya010

 

❷毎日出し入れする
食器が
とりだしにくい!!

 

⑴使用頻度を考えず
とりあえず収納

棚おろしで
一軍、二軍、三軍
に仕分ける

食器を整理するために
まず、すべてだして
仕分けをします。
「よく使う」
「たまに使う」
「あまり使わない」
「ほぼ使わない戦力外」
に分けます。

戦力外はあえて
離れた場所にしまい
本当に必要か見極まます。

⑵とにかく
重ねて収納している

立てて収納は
省スペース、省ストレス

ファイルボックスなどを
利用してお皿などを
立てて収納。
スペースも有効に
使えます。

 

sara001

 

❸バッグの中のものが
取り出しにくい!
探せない!

⑴なんでもつっこんんでしまう

適正量をしり
必要なものを仕分けする

バッグの中身を全部とりだし
必要なもの、要らないもの
に仕分けして整理します。
必要なものは、
種類ごとにまとめて
ポーチなどに入れます。

 

bag001

 

⑵バッグに仕切りがない

ポーチを活用して
仕切りを作る。

仕切りがないと
定位置に定まらず
使いにくい。。
そんな時は
まちなしの薄いポーチ
を仕切り代わりします。
トートバッグなどには
書類ケースなどを
使うとしっかりして
仕切りになりつつ
バッグのシルエットも
きれいになります。

スポンサードリンク



スポンサードリンク