【au】CMで桐谷健太、三線で弾き語りがグッとくる、作詞作曲はBEGIN。

au-001

2015年7月17日より放送されている

auの新CMで浦島太郎役の桐谷健太が

砂浜で海に向かって三線を弾きながら唄う歌が

話題になっています。

 

スポンサードリンク



 

歌のタイトルは『海の声』

au-002

 

桐谷健太が唄うのは、『海の声』

乙姫に思いを寄せる浦島太郎が

海に向かって弾き語りをはじめます

 

空の声が 聞きたくて
風の声に 耳すませ
海の声が 知りたくて
君の声を 探してる

会えない そう思うほどに
会いたい が大きくなってゆく
川のつぶやき 山のささやき
君の声のように 感じるんだ

目を閉じれば 聞こえてくる
君のコロコロした 笑い声
声に出せば 届きそうで 今日も 歌ってる
海の声にのせて

空の声が 聞きたくて
風の声に 耳すませ
海の声が 知りたくて
君の声を 探してる

たとえ僕が おじいさんになっても ここで 歌ってる
君だけを想って

海の声よ 風の声よ
空の声よ 太陽の声よ
川の声よ 山の声よ
僕の声を 乗せてゆけ

 

 

au008

 

この曲はこのCMの為にBEGINが作詞作曲

 

au-003

砂浜に相合傘が描いてあり

乙姫の名前の横にあお向けに寝そべり

思いにふける浦島太郎。

そこにやって来た桃太郎、金太郎、かぐや姫。

金太郎が乙姫の名前の上 に寝転がり、名前を消してしまう

そんな金太郎を浦島太郎は笑いながら追いかける

2人を笑いながら見ている桃太郎とかぐや姫の周りを

金太郎と 浦島太郎が走り回ります。

au-005

夕暮れの海に向って力いっぱい「乙ちゃーん!」と叫ぶ浦島太郎。

三線と浦島太郎の歌声で切ない雰囲気に包まれます。

海に向かい歌う浦島太郎を見つめている3人

桃太郎が、「届くといいねぇ」とつぶやくと、「うん」と

金太郎 とかぐや姫が静かに頷く。

 

スポンサードリンク



 

桐谷健太の音楽性

au-0077

au-006

 

桐谷健太は実際に歌いながら三線を演奏

撮影に先行して行ったレコーディングでは、

事前に歌、三味線ともに完璧に練習をしてきた

桐谷健太の歌声と演奏に、1テイク目を終えた瞬間に

その場のスタッフから一斉に拍手が起こり

中には「泣きそう」というスタッフも。

その後も最高のCMつくりあげるため、

約5時間もの時間をかけてレコーディングを実施

また、CM撮影の合間にも桐谷が三線で

名曲を次々に披露していたそうです。

 

映画『BECK』では千葉役でラップも披露してましたね。

オリジナルのリリック(歌詞)、TVではフリースタイルまで披露

そして今回は三線、お見事としか言いようがないですね。

 

スポンサードリンク