【脱出山】アイアム冒険少年・第3の刺客は元ドイツ陸軍!!

boubou

「アイアム冒険少年!脱出山」

ランボーこと土田貴弘と

元ガングロギャルの

茶谷バウディスタ伊織が挑戦している

【脱出山】に第3の挑戦者が!!

 

スポンサードリンク



第3の挑戦者

bou2002

2人と同時にチャレンジするのは

≪元ドイツ陸軍

Sebastian David Buettner

セバスチャン・デヴィッド・ビュトナー≫

12年間ドイツ陸軍に所属

あらゆるサバイバルシチュエーション

で訓練を受けた

本物のソルジャー!!!!!!が参戦!

 

「雪山でのトレーニングも

散々やってきたし、

サバイバルは得意中の得意だ!」

と話すセバスチャンは

どんなサバイバル術を

見せてくれるのか?

 

スタートしたセバスチャン

2人と同じく脱出山の地図を

受け取った。

とても簡単な地図だが

「これだけの情報があれば十分」

「追ってくる敵もいないし

最短ルートを行くよ」

余裕のセバスチャン。

 

まずは装備をチェックする。

ランボーと同じく山登りに

必要最小限の荷物だが、

まず寝袋を寝袋として使わない。

 

マッチと非常食は

同じ袋に入れ、

ファーストラインに入れておく

 

”ファーストライン”とは

1stラインーー

生きるために必要なもの

2ndラインーー

戦闘に必要なもの

3rdラインーー

贅沢品

と分類される。

常に最悪の事態を想定し

準備をしていく。

 

スポンサードリンク



 

 第三の刺客出発!

 

いよいよ山小屋にむけ

スタートする。

まずは方角の確認

これは、ランボーと同じく

アナログ時計を使い

方角を知ったセバスチャンは

南に向け歩き始める。

bou2001

雪山を歩く不便さを感じた

セバスチャンも

スノーシューを作り始める。

 

ランボーと違うのは

繊細に三角形のスノーシュー

を作っていく。

寝袋を細かく裂いていき

紐を作る。

綿は火種として使うため

濡れないようにしまう。

細工時に出た木くずも

大事に取っておく。

 

完成したスノーシューで

歩き始めるがスピードが遅く感じる・・

それは「雪山では汗をかいたら死ぬ!」

汗で濡れたからだが

冷たい空気や風に

さらされると

一気に体が冷え

低体温症になる危険もある!との事。

 

歩き続ける

セバスチャンも

暑さを感じた時には

ジャンバーとズボンの

チャックを開け風邪をとうして

体温を調節する。

 

ホオの木の芽を発見する

bou2003

葉には殺菌作用もあり、天ぷらなどにすると

美味しいらしい。

夕食用に確保する。

 

歩みを進めながらも

常に周りに目を

光らせて、食料を探していく。

 

枯れ木を発見し

木をナイフでほじる。

枯れ木には

虫や幼虫などが眠ってることが多い。

虫はタンパク質も豊富で

タンパク質は体を動かすのに

一番重要な栄養である。

 

米粒サイズのクモのような

虫を発見。

虫を食す前には色みをチェック

鮮やかな色の場合は

毒を持っている可能性がある。

 

半日歩き水分を摂っていないため

火をおこして休憩する。

 

まずは火を火おこしのための

基礎作り

 

雪に穴を掘る

火で溶けた水が流れる道を作る

土台になる木を2層になるように並べる。

周りの雪が溶けないように

周囲にも木を並べる。

 

木で屋根を作り

雪からも火を守る。

屋根の上には

湿った薪を置き

乾かしていく。

 

火をつける薪が濡れている場合は

表面を削り

火が着きやすくなる。

 

小枝には無数の

切り込みを入れ

表面積を広げる。

 

数少ないマッチを

有効に使うために

徹底的に

確実に着火するための

準備をする。

ここで寝袋から外した

綿に着火させるも

火は付かない。

 

綿を使うのを止め

新たな火種を探す。

そこでみつけたのが

樹脂だ。

カラマツの樹脂をゲットし

再度着火!!

見事成功する。

 

綺麗な雪をコッヘルに

詰め沸かす。

温かい飲み物で身体を

温めたセバスチャン。

 

日も暮れ、このまま

一晩過ごすかと思いきや

「まだ歩ける!!」

と先を進めようとする。

 

 

バウデスタは冷えた体を

温めようと

発熱するスープで

身体を温めようとするも

トラブルにより

上手く温まらず

結果冷たいスープを飲み

ますます身体を冷やしていく。

bou2005

 

 

ランボーは川を見つけて

食料がないか冷たい川に

手を突っ込み探していく。

が、なかなか見当たらず

ようやく、ガガンボの幼虫を見つけ

わずかな食材として確保する。

bou2004

その後川沿いを歩き山小屋を

目指すも滝に遭遇し、

余儀なくルートを変更して

歩みを進める。

bou2006

 

次週はいよいよ

極寒の夜を過ごす。

3人はどうやって

この寒さを乗り越えるのか?

 

スポンサードリンク