【天龍源一郎】バラエティー番組でも人気物、ミスタープロレスが引退表明。

tenryu01

 

今やバラエティー番組でも活躍中の

ミスタープロレスこと天龍源一郎が

引退を表明しました。

ガラガラ声でお茶の間の人気物となった

天竜源一郎、皆さんはどこまでご存知ですか?

 

スポンサードリンク



 

天竜源一郎

tenryu02

 

本名 嶋田源一郎  1950年2月2日生まれ 福井県出身

189cm、95kg

小さいころから体が大きく、中学校2年生の時に

相撲部屋にスカウトされた。

力士時代は『天龍』の四股名で前頭筆頭まで上り詰めた

 

生涯戦歴:393勝355敗(77場所)

幕内戦歴:108勝132敗(16場所)

優勝   :十両優勝1回

1976年9月場所を最後に廃業(引退)

その年の10月に全日本プロレスに入団、

幕内力士から入団とあって、社長でもあった

ジャイアント馬場から大きな期待をうけていた

巡業の移動の時には毎回グリーン車のチケットを

用意されていたが、大先輩レスラーが普通車だった

事に気が引け、普通車に移動し、先輩レスラーと

話していたという、エピソードもある。

 

1990年にはSWSへ移籍金3億で移籍、

SWS崩壊後は、『WAR』を設立、

1998年にはWJへ移籍したが、

WJの経営が迷走していたため

フリーのプロレスラーとなる。

 

 

プロレスラーとしての獲得タイトルは

全日本プロレス

■三冠ヘビー級王座3回

■世界タッグ王座5回

■アジアタッグ王座1回

■PWFヘビー級王座1回

■UNヘビー級王座1回

■インターナショナルタッグ王座2回

■PWF世界タッグ王座1回

 

新日本プロレス

■IWGPヘビー級王座1回

■IWGPタッグ王座1回

 

WAR

■日本J1選手権1回

■WAR世界6人タッグ王座2回

 

ハッスル

■ハッスルスーパータッグ王座1回

 

WJ

■WMGタッグ

 

天龍プロジェクト

■天龍プロジェクト認定世界6人タッグ王座1回

 

海外

■NWAミッドアトランティックタッグ王座1回

■NWA世界6人タッグ王座1回

 

これだけのタイトルを獲得したレスラーはそうそういない

人気、実力と共に最高のプロレスラーである。

 

天龍源一郎の必殺技

 

天龍源一郎の繰り出す技わどれもが強烈で

特にファンが盛り上がるのが

逆水平チョップ、グーパンチ、サッカーボールキック

延髄蹴り、DDT、水直落下式ブレーンバスター

WARスペシャル、ダイビングエルボードロップ、パワーボム

他にもまだまだあるが、この技で何人ものレスラーを

マットに沈め、多くのタイトルを獲得してきた。

 

スポンサードリンク



 

バラエティー番組で活躍。

 

バラエティー番組で天龍源一郎を

知った人も多いはず、なんで人気物になったのか?

プロレスラーだからというのもあるんですが

皆の笑いをとるのが『滑舌の悪いしゃがれ声』なんです。

 

天龍が喋るだけで笑いが起こる!!

本人には失礼なんでしょうがww


引退の理由は?

tenryu03

9日に記者会見を行うという。

理由はまだ明らかにされていないが

病気が理由で?と思った人も多いはずですが

病気は関係ないとのこと

だが、昨年12月2日、東京・新木場で行われた

天龍プロジェクト14年最終興行で、15年の目標を聞かれた際

「“ソフトランディング(軟着陸)”に入ってるから、体調を上げていって、

あたったことない人たちとやれたら」と意味深なコメントを発していた。

 

数年前には脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)症の手術を行うなど

体調は万全ではないはず。

やはり、65歳という年齢を考えると、いつまでもリングで闘うには

体力的にも厳しんでしょう

年内にもラストマッチを行う予定らしいです

最高のコンディションで最後の闘い期待してます。

 

スポンサードリンク