【驚くほど簡単】収納が下手で、お部屋が片づけられない人の為に!

heya001

 

部屋が片づけれない人って結構いらっしゃいますよね。

収納が下手で・・・時間が無くて・・・・などなど

でも、コツさえわかってしまえば片付けが

楽しくなってくるんです。

 

意識すれば誰でもできる片付けのコツ三原則

コツ① 物を減らす

コツ② 物の居場所を作る

コツ③ ものをしまいやすくする

以上、3つのコツを詳しく紹介いたします。

 

スポンサードリンク



① 「減らす」自分に必要な量を知る

heya002

 

入りきらない

クローゼットやタンスに衣類が、本棚に本が入りきらない…。

そんな「収納スペースに物が収まらない」状態のときは、

がんばって片付けるよりも、まずは「本

当にすべて必要なのか」を見直してください。

物の量を「ある程度スペースに余裕を残し収納できる量」まで減らしましょう。

いつか使うかも知れないものがあふれている状態の時、

減らすべき「必要でないもの」の筆頭候補にあがるのが

「いつか使うかもしれない」と、とってあるもの。

何年も使っていないままで、ほこりをかぶっていませんか?

 

今必要でないなら「減らす」。なくなっても、後悔は意外としないものですよ。

いつ使ったかわからない「必要かどうか」を検討したいのが

「以前、いつ使ったかわからない」もの。キッチンなら調味料や食器、

押し入れなら趣味の道具衣類と、該当しそうなもの

は多いはず。いつかのためにスペースを浪費するより、

これから必要になる新しいもののために場所を開けてあげましょう。

 

新しいものを買った片付け等を収納の法則から考えれば

「服や靴は、新しいものを1 着買ったら着捨てる」のが理想。

「そんなのもったいない!」と思うなら、

新しいものを買わないようにしなければ。

だって収納スペースには限りがあるんです。

 

古くなったもの、使用頻度の低いものから減らしていきましょう。

減らす日片付ける日を決めてしまう

片付けを得意とする人は、自然と定期的に整理整頓をしているもの。

ですが、最初からそれができるならば苦労はしません。

 

片付けはついつい先送りにしてしまい、

いよいよ手に負えなくなってから動き出すもの。

だからこそ、ますます面倒になり、辛い作業となるのです。

ですから一度片付けたならば、その先は強制的に

「へらす日」「片付ける日」を決めてしまいましょう。

 

事態がまだ軽いうちに手を打つのです。

おすすめは、平日の夜。休日や休前日では

「せっかくの休みなのに」と諦めたくなってしまいます。

ゴミ回収日を考慮して決めましょう。

 

 

② 「作る」あるべき場所を知る

heya003

 

出しっぱなしをなくす

片付かない=散らかる原因第一には「出しっぱなし」です。

理由は、片付ける(場所を考える)のが面倒だから。

つかったまま放置してしまうのです。

 

対策は「片付けやすい場所」に「物の居場所」を作ること。

普段使うものほど「使う場所から離れすぎない」

 

「できれば手の届く範囲」に作りましょう。

 

使い易い場所を作る

新しいものを買ったら、自分の関心が高いうちに

「使いやすい置き場所(物の居場所)」を作りましょう。

使用時のことを考えずに適当に置き場所を決めてしまうと

片付けるのがほぼ100 パーセント嫌になります。

必ず使いながら考えて決めましょう。

これは、新しい物を迎える儀式と言っていいでしょう。

 

忙しい、なかなかいい場所が作れない…なら「とりあえず置き場」を作る

物の置き場所を考えるのが面倒くさい、

考える時間がないと言う人のためのとっておきの手段。

「とりあえず」何を置いても良い場所を1 部屋に1 カ所だけ作りましょう。

 

 

とりあえず置き場のルール

◯とりあえず何を入れてもいい

◯でも1 部屋1 カ所まで

◯定期的に整理する

 

スポンサードリンク



 

③ 「しまいやすく」出したらしまうを意識する

heya004

 

一緒に使うものはいっぺんに出し入れを。

日常使いの食器や調味料などは、取り出しやすさを意識して収納しましょう。

100 円グッズショップで購入できるプラスチックケースに入れて、

セットにしておくのがおすすめです。

ぱっと出せてしまいやすい、片付けの基本ですがなかなかできなかった

「出したらしまう」が簡単になります。

 

あるスペースを全て使わず多少の余裕を残す

収納場所の限界まで物を入れてしまうと、

周囲はすっきり片付きますが、その後が大変。

必要な物を出すために他のものまで出さねばならず、

余計な「片付け」が発生してしまうのです。

 

手間ひまを最小限にするためにも「多少の余裕」を残して収納し、

しまいやすく、取り出しやすくを心がけましょう。

 

 

出し入れしやすい収納の技3

heya005

 

①つるす

つるす収納は、出し入れが簡単でデッドスペースも有効活用できる優れ技。

フックやバーがない場所でも大丈夫。

100 円グッズショップに行けばお助けアイテムが多数揃っています。

 

軽いものなら強力粘着フック

もしくは突っ張り棒& S字フックで実現可能です。

 

②立てる

平面に直置きして重ねるよりも、

「出すときに他のものを持ち上げなくてすむむ(片付けもしやすい)」

「縦のスペースを活用できる」のが「立てる」収納です。

 

重力に従順でいるとそのまま置いてしまいますが、

立てるための1 アイテムを用意するだけで、世界はガラリと変わります。

 

③仕切る

文房具やカトラリー、下着や靴下等をしまう引き出しや衣装ケースは、

「仕切り」収納を心がけましょう。

プラスチックケースや仕切り板があるとベストですが、

ティッシュの空箱やペットボトル等をカットして仕切るだけでも

使い勝手はグーンとアップします。

 

 

スポンサードリンク