【清原和博】お遍路で精神的にも肉体的にも劇的変化が!?

ohenro02

 

この一年TVから姿を消した清原氏

西部、巨人と4番を打ち活躍した選手

TVではバラエティー番組にも出演し

人気を誇っていた人物が

薬物疑惑、入れ墨騒動によりイメージが悪化

離婚、そして友人、仕事も失った清原氏

今は、お遍路を歩んでいる。

スポンサードリンク



 

清原和博

 

ohenro05

 

1967年8月18日生まれの47歳

大阪府出身、PL学園では5季連続で

甲子園に出場し2度の優勝と2度の準優勝

85年にドラフト1位指名で西武ライオンズに入団

96年にはFAで念願の読売ジャイアンツに移籍

05年に戦力外通告でオリックスに移籍

08年に現役を引退。

生涯成績 打率272 本塁打525本 打点1530

新人王1回 ベストナイン3回 ゴールデングラブ賞3回

月間MVP5回 オールスターMVP7回

日本シリーズ優秀選手賞2回 敢闘賞2回

IBMプレイヤー・オブ・ザ・イヤー賞1回

優秀JCB・MEP賞1回 東京ドームMVP1回

パリーグ特別功労賞

スカパー!ドラマティック・サヨナラ賞1回

ナンバーMVP賞1回

 

亜希元夫人の間に2人の息子がいるが

2014年に離婚。

 

スポンサードリンク



 

お遍路とは?距離と日数は?

 

ohenro01

 

八十八カ所を巡る巡礼で八十八ヶ所めぐりは、

日本全国にあり、空海の足跡を辿る旅とも言われます。

全国の巡礼は☞http://www.club-t.com/theme/culture/kokoro/zenkoku/#tour02

 

様々な巡礼があるなかで四国の八十八カ所だけが

お遍路と呼ばれている。

最初に四国を修行する人々の様子が

書かれるのは「今昔物語集(推定1140年前後)」で

平安時代に入ってのこと。しかし、この中では、

修行者が厳しい海岸の路を歩き修行する

姿が記されているだけで、

現代のような遍路の姿とはいえません。

 

彼らが何を求めて修行していたかは

明記されていませんが、中で修行者たちが

伊豫、讃岐、阿波、土佐と四国の海岸を選んで

修行していることから、当時、海の彼方にあると信じられていた

神道上の世界「根の国」へ渡ることを願った

修行の一環ではないかと考えられています。

そして、この中で注目すべきことが、

修行が行われていた”海岸沿いの道や土地”のことを

「辺地」(へち)と称しているという点です。

 

やがて、この修行に変化が訪れます。

当時、広まりつつあった仏教の流入によって、

仏教の中で海の彼方にあるとされていた

「補陀落浄土(観音菩薩が住まわれ る浄土)」とが

「根の国」と重なり。仏教の拡大と共に、

「根の国」信仰と「補陀落浄土」

信仰は混同していったのではないかと考えられています。

「梁塵秘抄(1169年)」の中でも海岸沿いを

修行する人々が書かれいますが、

室戸岬を金剛浄土の入り口と称していることから、

このころまでには仏道による修行が

根づいていたのではないかと考えられます。

また、この記載の中では、”海岸沿いの道や土地”のことを

「辺路」(へじ)と称しています。

 

その後、補陀落浄土に至るための修行は、

大師信仰が四国に広まるにつれ、

お大師さまを思い四国を巡る現在のような

遍路に変わってゆくこととなりま す。

その際、当初、海辺の道や土地を表す言葉

「辺地」・「辺路」は、「偏禮」「邊路」と変わり

その後「遍路」と変化していきました。

また、その読みも中世 以降、

「へち」・「へじ」から「へんろ」と変化していきます。

この変化についてはその理由を明確に

示すものはありません。ただ、この「辺」という言葉が

”端”や”外”と示すことから、験が良くないため

「邊」や「遍」などが変わりに

使われていったのではないかという説もあります。

現代では「遍路」の一語で”四国での

巡礼すること”を指す言葉として使われていますが

、この原形は昔から四国にあった、

海辺を修行する”土地やその道”を指す「辺地」・「辺路」

が語源ではないかと考えられています。

 

引用元http://www.maenaem.com/henro/sp.htm

 

 

距離は約1300キロと言われています。

日数は徒歩で約40日程度、中には

自転車や車で回る人も。

 

ohenro04

 

ohenro03

 

清原和博が歩むお遍路

 

ohenro00

 

今月10日までに約300キロを歩いてきた

清原が白装束で歩いていると

流石は有名人、『清原だ!!』とサインや記念写真を

求め多くの人が清原にあつまる

それに対し清原は立ち止まって対応しているという

差し入れを受けると、お遍路の名刺にあたる

『納め札』を手渡している。

 

昨年3月の薬物疑惑騒動から1年

清原和博は精神的に肉体的にも

変化が現れている

道中では懺悔の念を深めている

『今まで応援してもらって当たり前と

思っていた、もっと家族や周囲に感謝

の気持ちを大切にしなければいけなかった』

 

 

清原和博は毎日歩いているわけではない

週末は離れて暮らす2人の息子の少年野球を

見学、その姿を力に平日に八十八カ所を少しづつ回る

『区切り打ち』を行っている。

 

肉体的にはというと

痛めている左大腿部が右に比べ

9cmも細かったのに今は同じ大きさだという。

 

『子供たちがプロ野球せんしゅになるころ

僕は監督になりたい』と語っている清原氏

苦行を乗り越え人間的にも成長した清原和博

が1日でも早くかえってきてほしいですね。

 

スポンサードリンク