台風シーズン到来! 温帯低気圧と熱帯低気圧の違いは?

tai004

 

9月になると、やってくるのが台風

今年は温暖化の影響か、台風が早くやってきましたが

よく、ニュースで台風が〇〇低気圧に変わりました。

と、耳にするんですが、そもそも、台風と〇〇低気圧は

どの様な違いががあるんでしょうか?

 

スポンサードリンク



台風とは

tai000

 

北西太平洋や南シナ海(赤道以北、東経180度以西100度以東)に存在する熱帯低気圧

で中心の最大風速7が17.2m/s以上のものを台風と呼びます。

簡単に説明すると。

tai001

 

☝の画像で分かるように、台風のスタート地点です

画面右が太平洋で左が南シナ海

これらの付近で、発生したのが台風と呼びます。

 

【台風の分類】

■ 17m未満 熱帯低気圧

■ 17m以上 台風

■ 33m以上 強い台風

■ 44m以上 非常に強い台風

■ 54m以上 猛烈な台風

 

 

【台風はどうやってできるか?

tai002

 

1.水蒸気を含んだ空気のかたまりが上昇し、気圧が下がり雲ができます

2.同時に海面付近では低気圧の中心に風が吹き込みます

3.その風に「コリオリの力*」が働き、しめった空気が回りながら吹き込みます

4.中心の気圧は下がり、さらに吹き込む風が強くなり回転も速くなります

5.回転が速くなると遠心力が働き、中心には「目」と呼ばれる空間ができます

*コリオリの力

地球の自転によりできる遠心力によって、

地球上にある様々なものは重力により常に回転運動している状態です。

貿易風が東から西へ吹くのもコリオリの力ですし海流にも働きかけ

ています。

 

スポンサードリンク



 

温帯低気圧と熱帯低気圧

tai003

 

【温帯低気圧】

「温帯低気圧」とは、日本付近では基本的に北へ行くほど温度が低くなります。

南北に温度差があるので大気の状態は不安定になり、

きっかけがあると、温度差を解消しようとして渦が発生し発達します。

これが「温帯低気圧」です。

 

 

 

【熱帯低気圧】

「熱帯低気圧」とは、熱帯地方では、そんなに温度のさがありませんが

気温が非常に高いので、海水が蒸発しやすくなります。

水蒸気はいずれ水に変化しますが、

水になる時に放出するエネルギーにより発達する低気圧をさします。

 

※ただし、台風としての構造が変わっただけで

強風が吹いたり、大雨がふることには変わりはないので

十分に注意してください。

 

スポンサードリンク