ダイエット【糖質オフ】痩せたければ〇〇を食べよう!!

off000

健康維持やダイエットの為には

カロリーを気にするよりも

糖質を制限することが効果的と言われています。

でも、日本人のほとんどが、炭水化物

絶えずとるようになってきました

その結果、糖質過多になっているんです。

スポンサードリンク



 

糖質オフのここがすごい!!

off001

 

そば、うどん、白米は砂糖と同じなんです

手軽に、食べられる麺類。

しかしカロリーが低めだからと言っても

安心はできないんです。

そもそも炭水化物は、タンパク質、脂質と並ぶ

三大栄養素の1つ、主にご飯類や、麺類に含まれています。

 

off002

もりそば(180g)糖質50g=角砂糖12.5個分

 

off003

冷やしそうめん(225g)糖質65g=角砂糖16.3個分

 

off004

かけうどん(50g)糖質50g=角砂糖12.5個分

 

off010

おむすび(75g)糖質28g=角砂糖7個分

 

炭水化物の多い食事を摂るとそこに含まれる

糖質が砂糖と同様に、体内でブドウ糖に分解される。

つまり、血液中にブドウ糖が増え血糖値上昇につながるんです。

 

血糖値が上がるという事は、膵臓から血糖値を下げる

ホルモン、インスリンが分泌され

血液中のブドウ糖を肝臓や、筋肉に取り込みます。

そして、余計なブドウ糖のほとんどが脂肪細胞

中性脂肪として蓄えられるため太ってしまうんです。

 

スポンサードリンク



 

和食がヘルシーで健康に良いは間違い!

off005

 

健康維持やダイエットの為に

和食中心の食事を摂る人も多いと思います。

洋食に比べ全体的に低カロリーで

食物繊維、ミネラルも多く摂取でき

健康的なのは明らかなんですが・・・・

 

和食といったらご飯に、煮物、味噌汁、漬物など

しかし、ごはんと煮物、実は糖質がたっぷり含まれています。

 

off007

玄米ご飯(100g)糖質34g=角砂糖8.5個分

 

off006

肉じゃが(じゃがいも80g)糖質29g=角砂糖7個分

 

糖質オフを目指すには、カロリーよりも、食材に注目し

和食のなかでも、糖質の少ないものを選ぶようにしましょう。

 

例えば、刺身、焼き魚、豆腐、サラダなど

刺身は刺身醤油の糖質が気になりがちですが

それよりも、照り焼き、煮魚のほうがむしろ糖質が高くなります

大豆製品の豆腐は低カロリーな冷奴、

おからもボリュームがあるのでおススメです。

 

 

痩せたければステーキを食べよう

off008

 

カロリーだけを見たら、とても痩せるとは思えないステーキ

でも血糖値はあがらないんです。

ダイエット中に、和食とステーキどちらかを選べと言われたら

間違いなく『和食』を選びませんか?

 

しかし、栄養素のほとんどが炭水化物になります。

でも、『ステーキ』はタンパク質と脂質がメイン。

タンパク質が主な栄養分の肉類は、体内に入ると

タンパク質がアミノ酸へと分解されます。

アミノ酸はどれだけ摂っても血糖値は上がりません。

 

つまり、お肉を食べたからといって太るわけではないんです。

off009

 

ビーフステーキ(ロース100g)糖質0.2=角砂糖0.1個分

 

でも、ステーキは脂質はたっぷりで太るのでは?

と思いがちですが、そうではありません。

人間の体は、運動をしなくても

エネルギー代謝(基礎代謝)が行われており

このとき使われるのが体脂肪。

 

インスリンに体脂肪の分解をストップさせる働きがあり

血糖値が上がると、体脂肪の分解が弱くなるんですが

逆にインスリンが出ていなければ

代謝が止まることなく、体脂肪が燃え続けます。

 

ということは、和食よりステーキの方が

太りにくいということなんです。

 

スポンサードリンク